必須氏名

使用する場合はペンネーム

性別

必須年齢

必須メールアドレス

※普段使っている連絡を取りやすいアドレス

必須gmailアドレス

※google drive上で企画を共有するので、gmailアドレスを教えてください。メールアドレスでgmailアドレスを記入した方は、同じアドレスをもう一度入力してください。

必須facebookアカウントURL

※本人確認のため、whitebox図書館のfacebookページを「いいね」フォローしてください
ホワイトボックス図書館facebookページへ

必須あなたの専門性・貴重な経験について100字以内で教えてください

必須書きたいテーマ・概要を教えてください

必須どんな人の役に立つ記事になりますか(ターゲット)


お問い合わせが完了しました

この度は、エントリー頂きありがとうございました。
内容を確認後、選考を通過した方に担当者より改めてご連絡いたします。

トップページへ

※エントリー内容を判断させて頂き、ホワイトボックス図書館が企画編集サポートさせて頂く方には、個別でご連絡いたします。すべての方にご連絡できませんこと、予めご了承くださいませ。

よくあるQ&A

ホワイトボックス図書館にエントリーして執筆するメリットは何ですか?
大きく3つのメリットがあります。
1、個人のブランドを確立
ホワイトボックスの知見を活かして検索エンジン対策をします。検索上位に出ると、特定ジャンルで継続的に読まれる記事となります。また、グランプリ記事はホワイトボックスメディアや広告を使用して拡散します。

・書籍化
出版社は優良コンテンツを制作できる人材を探しています。年間グランプリ対象者は、ホワイトボックスが出版社に打診し、書籍化の可能性を探ります。
※出版物の企画編集はサポート外となりますので、出版社と直接協議して頂くことになります。

・自身の事業への送客
ご自身で事業を営まれている場合、事業への送客を記事内(プロフィール)から行うことができます。ただし、送客だけが目的の記事は、WEB上で愛されないのでエントリー段階で選抜します。また、ご自身の事業でなくアフィリエイトなどを利用した他者の事業の広告は原則禁止しています。

エントリーすれば必ず編集サポートを受けられますか?
エントリー内容を、専門性・ユニークさ・わかりやすさ・有益性の視点で採点し、編集部で選別をしています。編集サポートを受ける保証は出来かねますのでご了承ください。
どんな人がエントリーに向いていますか?
個人ブランドを確立させたい、以下のような方におすすめです。

・珍しい専門知識を持っている
・特殊な経験をしている
・失敗経験が豊富である
・個人で事業を興したい
・就職活動で差別化したい
・事業主の方で指名受注したい 
・自分の知見を誰かの役に立てたい など
制作した記事はどこで公開できますか?
ホワイトボックス図書館サイト上での公開となります。その他のメディアでの公開はできませんので、予めご了承ください。
グランプリ制度とはどのようなものですか?
毎月、優れた記事をグランプリとして発表します。月間グランプリに選ばれた記事は、SNSや広告で拡散します。また、年間グランプリでシリーズ化できそうな企画は、出版社と協議のうえ書籍出版される可能性もあります。
どのような記事がグランプリになりますか?
専門性・ユニークさ・わかりやすさ・有益性が評価基準になるのは、エントリーと同様です。これらのポイントを抑えて評価される型の例としては、自身の失敗経験を振り返って、読者に失敗しないポイントを提示するものが挙げられます。
情報の正誤はどのように判断していますか?
執筆者だけでなく、編集スタッフが可能な限り情報の正誤を調査した上で公開しています。また、在籍する各分野の専門家の方が、コメント欄で意見交換できる仕組みを採用しています。万が一情報に誤りがあった場合は、速やかに修正いたします。
執筆記事の著作権の扱いはどうなりますか?
企画編集にホワイトボックス図書館が関わる場合、共同著作になります。
サポートに費用が掛かることはありますか?
通常エントリーでサポート費用を頂くことはありません。広告タイアップの場合は、費用が掛かりますので、こちらからお問い合わせください。

留意事項

・特定の個人や団体への誹謗中傷、公序良俗に反する内容はエントリーできません。

・偽りの肩書きで情報発信しないために、Facebookアカウントを本人確認に使用します。facebookアカウントが「明らかに実名でない」「友達10人以下」「プロフィールが全く明記されていない」など、アクティブなアカウントでないと判断した場合、エントリーを見送らせて頂く場合がございます。

・商品プロモーションや送客など、読者への有益な情報提供とは別の動機が働かないようにするため、外部リンクを原則禁止としています。ただし、読者利益のためと判断された場合はリンクできる場合もあります。

・記事制作にホワイトボックス図書館の編集が入るため、共著扱いとなります。そのため、記事削除依頼は受けられない場合があります。ただし、実名公開で不都合が生じた場合などペンネーム表記に変更する処置は行うことができます。

・記事内容に明らかな大きな誤りがある場合や、社会通念上問題があると判断した場合は、編集部判断で記事を修正する場合があります。また、検索エンジン対策のために文言を調整する場合があります。

・著者とは別に、記事の最下部に「編集:ホワイトボックス図書館(もしくは、編集者名)」と明記いたします。

・制作記事は本サイト(ホワイトボックス図書館サイト)にアップします。共著となるため、他メディアへの無断転載は禁止です。ただし、著作権法を守った上での引用やSNSなどでの紹介は可能です。

・編集スタッフのリソースは有限です。ホワイトボックス図書館のテーマとして相応しいものを優先し対応します。また、執筆や編集のやり取りの中で、あまりに編集負荷が掛かる場合は制作途中で中断する可能性があります。

・アップした記事にはバナー広告が挿入される可能性があります。