ヤーマンレイボーテRフラッシュプラス3ヶ月の脱毛効果は?口コミ評判をレビュー

[公開日]2018/09/18[更新日]2019/05/06


「レイボーテは口コミでどう言われてるの?」
「レイボーテの脱毛効果はどれぐらいあるの?」
「レイボーテは他の家庭用脱毛器と比べるとどうなの?」


濃いムダ毛で長年悩んできた筆者ですが、脱毛サロンや脱毛クリニックに行く時間や余裕もなく、悩んだ末に選択したのが家庭用脱毛器での脱毛でした。

美容機器メーカーとして有名なヤーマンが開発したレイボーテRフラッシュプラスは、他の脱毛器にはない特徴に惹かれて筆者が使用した脱毛器です。

ローラーが搭載された使いやすさと刺激の少ないことが特徴の脱毛器で、とてもスピーディーなムダ毛ケアが可能でした。実際に使用してみて、レイボーテRフラッシュプラスがどんな脱毛器だったのか、詳しくレビューしていきたいと思います。



ヤーマンのレイボーテってどんな脱毛器?おすすめはどれ?



ヤーマンが発売しているレイボーテには12種類のラインナップがあります。

その中でも主力になっている、レイボーテRフラッシュプラス・レイボーテグランデ・メンズレイボーテの3機種を比較していきましょう。

項目
価格(税込)

62,640円

116,640円

37,800円
照射面積

6.0cm²

12cm²

1.8cm²
照射回数

最大60万回

最大60万回

最大25万回
照射部位

全身

全身

顔(ヒゲ)


レイボーテRフラッシュプラス 62,640円(税込)


照射面にローラーを搭載し、高速連射を可能にしたレイボーテRフラッシュプラスは1回の全身脱毛にかかる時間が約4分とスピーディーなケアが可能な機種です。

顔はフェイスモードでの使用になりますが、目の周りを除く全身の脱毛に使用できますし、ケアの時間が短いというのは特筆すべき点ですね。

カートリッジ交換いらずの一体型で、照射回数は60万発です。

レイボーテグランデ 116,640円(税込)


レイボーテグランデは、本体とハンドピースが別になった比較的大型の脱毛器です。

カートリッジの交換ができるタイプで、3種類のヘッドを使い分けしていくシステムで、カートリッジの寿命は約20万発もつようになっています。

照射面積が広くハイパワーという特徴がありますが、価格は116,640円(税込)と高めです。

メンズレイボーテ 37,800円(税込)


メンズレイボーテは、男性のヒゲ脱毛のための専用機種で、カミソリ負けをしやすい人やヒゲが濃くて悩んでいる男性のために開発されました。

レイボーテRフラッシュプラスと比較すると、照射面が小さく細かい部分に対応した作りになっています。

照射回数は25万発なので、ヒゲだけを脱毛するならば十分な回数といえるでしょう。

最もおすすめはレイボーテRフラッシュプラス


手軽に使えることと、費用対効果の点から見ても「レイボーテRフラッシュプラス」がオススメです。

コンパクトなボディで高速連射が可能なため、全身の脱毛にも適しています。

また、価格も家庭用脱毛器の購入が初めての人でも、比較的手にしやすい値段だと思います。

レイボーテグランデは高機能ではあるものの10万円を超えてしまいますし、メンズレイボーテは使い道が限られてしまうのがデメリットです。

レイボーテRフラッシュプラスの公式サイトへ


ヤーマンのレイボーテRフラッシュプラスは効果ある?3か月体験レビュー



それでは、ここからは筆者がレイボーテRフラッシュプラスを実際に購入して試した結果をお伝えします。

だいたい1週間に1度照射を行い、3か月で12下位の照射を行いました。

脇への脱毛効果・・・毛は細くなったがまだかかりそう

脇は10回目の照射を終えた辺りから、新たに生える毛が細くなってきているのを感じました。

しかし、12回の照射を終えてもまだ毛は生えてきますし、まだ自己処理が必要となります。

脇の毛で脱毛できたと感じるには、まだまだ時間がかかりそうです。思ったほどの効果はなかったというのが正直な感想です。

VIOへの脱毛効果・・・あまり変化を感じられない
VIOにも試しましたが、ほとんど効果を感じることができませんでした。

VIOも毛が濃い分、12回の照射だけでは効果が出ないようです。

毛が細くなったという実感もあまりなく、ほとんど毛の量や細さに変化を感じることができていないのが正直な感想です。

腕への脱毛効果・・・毛穴のプツプツが目立たなくなった

5回照射したくらいの頃、腕の毛のまた生えてくるスピードが遅くなるところから効果を感じ始めました。

2~3日おきに剃らなければならなかったものが、週に1度程度で済むようになったのが最初の変化です。

毛質も変わり太さも細くなってきて、12回目の照射を終える頃には腕の毛穴がほとんど目立たなくなりました。

痛みはほとんど感じない

痛みの感じ方は人それぞれだと思いますが、個人的には強い痛みがあるとは思いませんでした。

ワキやビキニラインなど、毛質がしっかりしている部位は、パチっと弾かれるような痛みはありましたが、「痛くて耐えられない」というほどではありませんでしたよ。

選び方 まとめ アイコンレイボーテRフラッシュプラスの3か月で分かる効果
脇:毛は細くなるがまだかかる
VIO:ほとんど変化がない
腕:毛穴が目立たなくなる
痛み:弱いが脇やVIOは少し刺激あり

レイボーテRフラッシュプラスの公式サイトへ


レイボーテRフラッシュプラスは痛い?効果なし?口コミを調査



レイボーテRフラッシュの筆者以外の利用者からの口コミのついても調査しましたので、紹介していきます。

良い口コミの傾向・・・痛みの無さと照射の楽さに喜びの声多い

口コミ_女性1数回で毛が薄くなった(30歳/乾燥肌)
5
サロンだと予約をとって行かないといけないけど、レイボーテだと気になった時に直ぐ使えてとっても便利だし、使い方も簡単で、数回使用後、何となく毛も薄くなってきたような気がします!!

口コミ_女性1連射機能で照射が楽(32歳/乾燥肌)
4
コロコロ転がすと最大7発連続照射されるのです。便利です!楽チンです!本体を曲げるとボタン押す度に照射となります。顔にはボタンを押すタイプで使用!

口コミ_女性1最強レベルでも痛くない(43歳/乾燥肌)
4
ウデやアシなど広範囲なところも、ローラーがあるので簡単です。アプリでローラーを転がす速さをガイドしてくれるので安心だし。最強にしてもそんなに痛くありません。まだ家庭での従来のケアと並行してやってますが、ムダ毛が生えてくる間隔が遅くなってきました。


悪い口コミの傾向

口コミ_女性1パワーを上げると連射が不便(33歳/普通肌)
1
脱毛に通っていなかった部分に使っています。レベルを上げるとゆっくり動かさないといけないので当て漏れもでてきて正直めんどくさいです。弱くすればスムーズに光ますが全然熱くないのでこれ効くの?というレベル。

口コミ_女性1パワーが弱すぎて不安(41歳/混合肌)
1
大手脱毛サロンから乗り換えました。予約が取れないなら家庭用脱毛器で脱毛しようと思ったんですが、パワーが全然違うんですね。
(中略)これで本当に脱毛できるの?と半信半疑です。

口コミ_女性1効果を感じない(31歳/乾燥肌)
4
即効性が感じられない。脱毛効果が低い気がします。


照射のしやすさへの評価は高いが、脱毛効果は感じないという声も多い

レイボーテRフラッシュプラスの口コミを見ると、脱毛の照射しやすさに関してはおおむね高評価で、痛みが少なく使いやすいという口コミが多くありました。

一方、脱毛効果については照射パワーが低い、脱毛効果が感じられないという不満の声が多くあったのも事実です。

そのため、レイボーテRフラッシュプラスはムダ毛で深く悩んでいる人には効果が薄く、満足できない可能性が高くなります。一度脱毛サロンで脱毛をした場所のケアや、産毛のケアなどに活用すると良いでしょう。

レイボーテRフラッシュプラスの公式サイトへ


ヤーマンのレイボーテRフラッシュプラスのメリットとデメリット



ここではレイボーテRフラッシュプラスのメリットとデメリットについてまとめます。

レイボーテRフラッシュプラスには、他の家庭用脱毛器にはない特徴的な要素がありますが、スピーディーさや使い勝手の良さがメリットだと思います。

レイボーテRフラッシュプラス 3つのメリット

1. ローラー搭載で使い勝手がいい
2. モードの切り替えが簡単
3. アプリで脱毛の管理が可能

ローラー搭載で使い勝手がいい

レイボーテRフラッシュプラスは照射面にローラーを搭載しています。

このローラーを転がしながら照射をしていくわけですが、少しずつ照射面をずらしながら当て直す必要がないのはとても便利でしたね。

見えにくい部分でも打ち漏らしがありませんし、連射機能があることもメリットだと思います。ローラーがあるおかげで、使用していても疲れにくいと感じました。

モードの切り替えが簡単

レイボーテRフラッシュプラスは操作が簡単で便利です。

広い範囲はローラーモードで手早く脱毛ができますし、細かいところは一発ずつ照射するシングルモードを使用しますが、ローラーモードからシングルモードへの切り替えはグリップを折るだけでした。

グリップがノードの切り替えスイッチになっているので、機械オンチの筆者でも簡単に使用できたのはメリットだと思います。

アプリで脱毛の管理が可能

レイボーテRフラッシュプラスは専用のアプリがあり、どこの箇所を脱毛したのかをアプリに記録していくことができます。

全身を効率よく脱毛するには、いつどこを脱毛処理したのかを覚えておくことが重要です。でも、毎日手帳に書き留めたりするのは面倒ですよね。

アプリなら簡単に記録を残せるので簡単です。事前に脱毛スケジュールを考えなくても、時間ができた時にアプリを見れば、どこを最近脱毛処理していないかが一発で分かるのでとても便利でした。

レイボーテRフラッシュプラス 3つのデメリット

1. パワーが弱い
2. 大きすぎて自分でケアしにくい場所が多い

パワーが弱い

レイボーテRフラッシュプラスは刺激が少ない・痛くないという反面、照射パワーが弱いというデメリットがあります。

そのため、ワキや足などの筆者の毛が濃い場所は、何度照射してもなかなか実感することできない点が不満でした。

家庭用脱毛器の中でも即効性が弱い機種であり、毛深い人がレイボーテRフラッシュプラスを使用すると、かなりの長期戦になると思います。

大きすぎて自分でケアしにくい場所が多い

レイボーテRフラッシュプラスは照射面にローラーを搭載した一体型の脱毛器ですが、ボディが大きく照射面が前面についているため、本体を立てて使用しなければならず、スネの裏など体の後ろ側は持ちにくくて難しかったです。

せっかくのローラーも自分ひとりではうまく使いこなすことができなかったので、家族に手伝ってもらわなければならなかったこともデメリットでした。

ヤーマンのレイボーテRフラッシュプラスはどんな人におすすめ?


レイボーテRフラッシュプラスを買うべき人の特徴
・ムダ毛があまり濃くない人
・脱毛サロンで脱毛した箇所のケアを行いたい人
・気長にムダ毛ケアができる人
・ムダ毛ケアの時間を短くしたい人

レイボーテRフラッシュプラスの出力はあまり強いとはいえませんので、剛毛の人はパワー不足と感じやすいでしょう。

そのため、レイボーテRフラッシュプラスが向いている人は、そこまでムダ毛が濃くない人や、脱毛サロンで一度脱毛した箇所のケアを行いたい人などに絞られます。

また出力は弱めですが、1回の脱毛時間は短くて済むので、脱毛の期間がかかっても毎回のケア時間は短くしたいという人にはおすすめできます。

レイボーテRフラッシュプラスを買うべきでない人の特徴
・脇やVIOなど毛が濃い箇所を脱毛したい人
・ムダ毛が濃い人
・ムダ毛ケアに即効性を求める人
・長い期間使用することが前提の人

ムダ毛が濃くしっかりしている人や、脇やVIOなど毛の濃い箇所の脱毛をしたい人には、レイボーテRフラッシュプラスはパワー不足なのでオススメできません。

刺激は少ないですが出力が弱いので、脱毛に即効性はありません。

効果を求める人は、より照射力の強い家庭用脱毛器を選ぶようにしましょう。

ヤーマンのレイボーテRフラッシュプラスとケノンを比較してみた



レイボーテRフラッシュプラスと人気の家庭用脱毛器の「ケノン」を比較してみました。

レイボーテRフラッシュプラスとどんな点が異なるのかをまとめましたので、参考にしてみてください。

レイボーテRフラッシュプラスとケノンを比較

項目

レイボーテ
Rフラッシュプラス
価格(税込)

62,640円

69,800円
照射面積

6.0cm²

7.0cm²
照射回数

最大60万回

最大300万回
照射部位

全身

全身

脱毛効果がアップした新型ケノンが発売!
2019年4月27日、値段は変わらず照射力が従来の120%アップした新型ケノンが発売されました。おそらく、家庭用脱毛器の中ではダントツの脱毛効果です。詳しくは、ケノン公式サイトからご確認ください。
ケノン公式サイトはこちら



ケノンはレイボーテRフラッシュプラスよりも照射パワーが強い


ケノンは数ある家庭用脱毛器の中でもパイパワーで、多彩なカートリッジで全身くまなく効果的な脱毛ができる家庭用脱毛器です。

照射面積が広く長寿命のカートリッジを使用することで、全身脱毛や家族とのシェアにもおすすめの機種ですね。

脱毛サロンに近い脱毛効果と、短期間で効果を実感できることがケノンの特徴といえるでしょう。

ケノンは効果を実感した口コミが多いのが特徴

口コミ_女性1スルスル毛が抜けるようになった(26歳/混合肌)
5
諦めずに、毛が生えてきたら、電気シェーバーで剃ってケノンを照射するというのを何度か繰り返していくと、スルスル毛が抜けるようになってきました!脚の毛は部分的に生えていますが、ほとんど生えてこない状態!腕の毛も生えてくるスピードが遅くて、時々お手入れすればいい状態になりました。脇の毛もだいぶ少なくなりました!

口コミ_女性1コスパが良い(32歳/脂性肌)
5
色々と調べていたらケノンに辿り着き、ケノンなら半年で12回がこなせるというので即購入を決めました。自分でする手間こそ掛かりますが、自宅で時間の空いた時に出来るし、何度も繰り返し使えるのでコスパは最高に良いと思います。仕上がりもきちんと効果があるし、大満足です。


ケノンは、他の脱毛器の物足りなさを補ってくれる


ケノンは価格こそ安価とはいえないものの、コスパを考えるとかなり優秀なことが分かります。

何より照射面積が広く、脱毛サロン並みに照射パワーが強いため、出力の弱さや脱毛効果の弱さを感じることなく全身の脱毛に使用できます。

ケノンは剛毛の人や脇やVIOの脱毛をしたい人に最もオススメできる家庭用脱毛器です。

〈商品詳細〉
ケノン / エムロック
価格:69,800円(税込)
脱毛方式:フラッシュ式
脱毛可能部位:目の周りを除く全身(I・Oは自己責任)
照射面積:7.0cm²
照射回数:最大300万回

ケノンの公式サイトへ


家庭用脱毛器ならケノンがレイボーテRフラッシュよりおすすめできる3つの理由



ケノンがおすすめである3つの理由

1. ハイパワーであること
2. コスパに優れている
3. 剛毛でも脱毛効果を実感しやすい

ハイパワーであること

ケノンの特徴はパワーの強さです。

レイボーテRフラッシュプラスはハンディタイプでコンパクトな脱毛器ですが、その分出力は弱めです。

一方ケノンは本体部分と照射部分が別々となっており、持ち手はコンパクトですが、本体はレイボーテRフラッシュプラスよりもかなり大きなデザインになっています。

このサイズの違いが、そのまま照射パワーの違いにも現れているのです。

コスパに優れている
ケノンの価格は69,800円。レイボーテRフラッシュプラスは58,000円ですので、レイボーテRフラッシュプラスの方が安価ということになりますね。

しかし、1ショットの価格を比べてみると、ケノンは0.06円。レイボーテRフラッシュプラスは0.096円という結果になりました。

ケノンはカートリッジ式ですが最も長寿命のカートリッジは100万回の照射が可能であり、初期費用はケノンの方が高いですが、長く使用することを考えるとコスパはケノンの方が優れています。

剛毛でも脱毛効果を実感しやすい
ケノンは照射パワーの強さにより、脱毛効果を感じやすい家庭用脱毛器です。筆者も脇に長期間照射を続けたことがありますが、写真のようにしっかりと効果を感じることができました。

筆者が脇にケノンを試した結果
ケノン口コミやらせ

一方、レイボーテRフラッシュプラスは剛毛には効果が薄いので、ワキやビキニラインはもちろん、足のムダ毛が男性並みという人には効果が実感しにくいでしょう。

ケノンの公式サイトへ


ハイパワーのケノンがヤーマンのレイボーテよりおすすめ


レイボーテRフラッシュプラスは、ローラーと連射機能を搭載した新しい形の家庭用脱毛器で、脱毛初心者の人には打ち漏らしも少なく、慣れればとても使いやすい機種といえるでしょう。

脱毛時の刺激が少ないことも痛みに弱い人とってはメリットですね。

しかし、レイボーテRフラッシュプラスは使い心地が優しい分出力が弱く、脱毛効果が低いのが大きなデメリットです。

家庭用脱毛器にもパワーを求める人が多いと思いますし、短期間で脱毛効果を出したいという人にはレイボーテRフラッシュプラスよりもハイパワーのケノンをおすすめします。

ケノンなら脱毛サロンと遜色ない効果的な脱毛が可能ですよ。

ケノンの公式サイトへ


脱毛効果がアップした新型ケノンが発売!
2019年4月27日、値段は変わらず照射力が従来の120%アップした新型ケノンが発売されました。おそらく、家庭用脱毛器の中ではダントツの脱毛効果です。詳しくは、ケノン公式サイトからご確認ください。
ケノン公式サイトはこちら