パナソニック光エステを4ヶ月試したVIO脱毛効果は?口コミ評判をレビュー

[公開日]2018/08/21[更新日]2019/06/20


「パナソニックの脱毛器だから安全性は大丈夫そうだけど、本当に脱毛できる?」
「光エステはバージョンが違うと効果も変わる?」
「VIOにも使える?どれくらいで効果が出るの?」


リニューアルしたパナソニックの光エステはハンディタイプで持ちやすく、照射時の痛みもほとんど感じません。

ただし、脱毛効果はゆるやかで特にVIO脱毛を考えている方は注意が必要です。

記事の後半で、主要な家庭用脱毛器との効果も比較したので参考にしてください。

パナソニック脱毛器とケノン、効果があったのは?

編集者:安藤美和子
スキンケアコンシェルジュ

化粧品開発の実務経験を活かし、執筆/編集を行う。
◆保有資格◆
日本化粧品検定1級、薬学美容検定1級、薬事法管理者、化粧品成分上級スペシャリスト、サプリメントアドバイザー



光エステはどんな脱毛器なの?光エステの特徴



ここでは、光エステ(ES-WP81)とはどんな家庭用脱毛器なのか、特徴を紹介します。

光エステの良いところ
・肌色センサーで安全に脱毛できる
・30万回使える
・美肌効果もあり、顔にも使える
・アタッチメントを変えて、顔やビキニラインに使える

光エステの悪いところ
・値段が高い(1回あたりの価格も高い)
・カートリッジの交換不可(使い捨て)
・ヘッド部分が大きく、VIOに使いにくい

操作方法が簡単なので、はじめて脱毛する人にとっては使いやすいでしょう。

特に最新モデルは30万回分使えるので、全身2〜3年は使えます。

光エステは品番によって効果が違う?どれを買うべきか



光エステはリニューアルされる度に照射回数や面積が大きくなったりしていますが、その分値段も高くなっています。

光エステには4種類の機種がありますが「ES-WP81」以外の基本機能(照射力や照射面積)は大きく変わらないので、スペックと値段で候補を絞るとよいでしょう。

品番
照射パワー
アタッチメント
照射面積
価格(税込)
ES-WP81

Wランプで
パワーと
低刺激両立

ボディ用
フェイス用
ビキニライン用

8.3cm²

80,784円
ES-WP96

単発・連続照射
両方可能

ボディ用
フェイス用
ビキニライン用

5.4cm²

55,944円
ES-WP76

単発・連続照射
選択自動

ボディ用
フェイス用

5.4cm²

40,824円
ES-WP85

単発照射のみ

ボディ用のみ

5.4cm²

46,224円
※価格はパナソニック公式WEBサイトを参考

ただし、他社の家庭用脱毛器を比べるとどれもコスパは決して良いとは言えないので、記事下の比較もチェックしてみてください。
パナソニック脱毛器とケノン、どっちを買うべき?

カートリッジの交換はできるの?
パナソニックの光エステは、もったいないのですがどれもカートリッジの交換ができない"使い切り"タイプで、本体ごと買い換える必要があります。

パナソニック光エステの口コミは?本当に効果はあるのか



パナソニック「光エステ」は家電量販店でも大きな特設コーナーが作られるほど、注目されている商品です。

実際に購入した人からはどのような評価を得ているのでしょうか?

パナソニック光エステを使用している人からの口コミを見てみましょう。

光エステの良い口コミをチェック

顔用のアタッチメント使ってレベル2で説明書通りに照射しました。

頬に目立つ毛穴がありましたが(穴だけで毛はなし)、翌日の朝見ると左頬はほぼ真っ平らになっているし、右も深さが3分の1ほどに。かなり目立たなくなりました。

今まで化粧品だのエステだのに行って、こんなに即効で効いたの初めてです。

出典:アットコスメ

効果については気長に、過剰な期待せずが基本ですが、産毛は効果あり、それ以外はすこし目立たなくなった感じです。(2ヶ月ほど)

なによりも、自分のペースで続けられるのがいいですね。

医療機関のほうが確実だとは思いますが、そこまでお金をかけずに、人目を気にせずケアできるのは嬉しいです。

出典:Amazon

続けることで本当にムダ毛の悩みの無い肌を得られます。

効果は徐々になので、最初は無意味に思うかもしれませんが、(実際私も後から照射するようになったビキニラインとか腕は今も完全ツルツルには至ってないのでサボりがちですが)素足で歩くのが恥ずかしくなくなりました。

出典:Amazon


効果を実感している人でも、効果が出るまでは長期戦だと考えていることがほとんどのようです。

半年~1年こまめな処理を欠かさないことや即効性を求めないことで、脱毛効果を実感している方が多いですね。

脱毛サロンと比較する方がとても多い印象でしたが、自宅で脱毛が可能という点にメリットを感じている方がたくさんいらっしゃいます。

また親子や姉妹で光エステをシェアしたいという方も少なくはなく、1台購入して家族兼用にしている方も多いですね。

光エステの悪い口コミをチェック

率直に痛い(熱い)です。こんなものなのでしょうか?

肌色は薄い方ですし、あまり「痛い」という口コミを見なかったのでそこは期待していたのですが…。

場所によってはレベル1でも痛いのに、レベル5なんて到底使えません。一瞬ですがやる度にビクビクです。主人も使っているのですが2人で毎回痛みに悶えてます。個人差、あるいは機械差だとは思いますが。

出典:アットコスメ

今のところ成果なし

普通に毛は生えてくる(中略)

半年くらい続けるがもう売った方がいいかも…

出典:Amazon

私の場合は意外にも皮膚が弱すぎるのか、レベル1でもかなり刺激・熱さを感じます。

使用後はすぐに冷却ゲルで冷やし、なんとなく手をすすいでから化粧水。それでもしばらくすると、当てた部分がヒリヒリします。

効果の程は使用3回程度では、正直あまり分かりません。継続使用してということになりますが、私の場合は継続して良いものか
ちょっと悩んでいるところです。

出典:Amazon


効果を感じなかったという方と、面倒になってしまったという方、体質に合わないという方に分かれる印象ですね。

光エステのような家庭用脱毛器は、効果が出るまでに長く時間がかかるため、ひどい剛毛で悩んでいる方にはあまり向いているとは言えなさそうです。

また、体質や肌色によっては使用に適していない人もいるでしょう。肌の色が極端に濃かったり、肌が弱い人にはオススメできません。

4か月体験レビュー!パナソニックの光エステの脱毛効果は?



筆者は全体的に毛深いですが、特にすね毛の剛毛には悩まされています。

実際に光エステ(ES-WP95)を継続使用して脱毛効果を検証してみました。

どれくらいムダ毛が減ってくれるのか、4か月間チャレンジしてみた結果です。

光エステを4ヶ月使ったレビュー

腕と膝上の細い毛には脱毛効果を実感した
使用した部位は腕・脇・脚・ビキニライン・顔です。

使用可能な部位にはすべて継続して照射を行いました。その中でもっとも効果があったのは、腕や膝上の細い毛です。


写真は腕の脱毛後ですが、2~3か月使うと、だんだん毛が生えるスピードが遅くなり、毛穴も目立たなくなります。

脚のスネとビキニラインの太い毛には効果が物足りない
逆にもう少し効果を期待したかった部位が脚のスネとビキニラインです。


一番効果を感じたかったすね毛は、膝上や腕と同じようにはいきませんでした。

ムダ毛処理後の毛穴の中の黒いぽつぽつもなかなか消えてくれず、気長なケアが必要だと思います。

それでも、脱毛開始前と比較するとずいぶん生えてくるムダ毛は細くなってはきました。

照射時にはパチンと弾かれたような刺激がある
痛みに弱い方と強い方では感じ方も異なると思いますが、出力が強ければ強いほどパチンとはじかれたような刺激を感じます。

筆者の場合痛みに強い体質だということもありますが、最高レベルで照射しても痛いとは感じませんでした。

ムダ毛が薄い部位は刺激が少なく、剛毛な部位ほど刺激が強いため、ワキやスネ、ビキニラインは痛みを感じやすいでしょう。

痛みを和らげるためにも、照射前に保冷材で冷やし、低い照射レベルから試すのがおすすめです。

光エステの使い方

ここでは光エステの使い方とその際の注意点を説明します。

1. 電源ボタンを長押しで電源を入れる
2. レベルを設定する
3. 肌に照射する

光エステの使用頻度は1~2週間に1度のペースが目安です。

毎日照射しても脱毛効果が上がるわけではありませんので、ムダ毛の生えるサイクルに合わせて使うようにしてください。

腕や脚は2週間に一度、脇などのムダ毛再生速度が速い部位は1週間に1度が目安となります。

パナソニック光エステを使って感じた5つのデメリット



光エステを使用しているうえで、これはマイナスだなと感じたデメリットをまとめました。

光エステを使用して感じたデメリット
出力が弱い
照射面積が狭い(上位機種は改良)
照射間隔が長い
デリケートゾーンやヒゲには使えない
バッテリーが持たない(上位機種は改良)

出力が弱い
脱毛サロンのフラッシュ脱毛をイメージしてしまうと、家庭脱毛器はパワー不足ですが、光エステはその中でも当たりが柔らかいと感じました。

裏を返せば出力が弱いので脱毛効果が低く、脱毛の効果を実感するまでの時間が長いということです。

毛が濃くて悩んでいる人には少々力不足と感じるかもしれません。少なくとも効果を実感するまでに半年は必要です。

照射面積が狭い


光エステの照射面積は最も大きいボディ用で5.4cm²です。

個人差はありますが、ヒジ下の照射回数は片腕26~30回ほどにもなります。連射はできますが、全身細かく照射をすることを考えると面倒です。

上位モデルのES-WP81では8.3㎠と、照射面積が大きくなっているためずいぶん照射回数を減らすことができるように改良されました。

照射の面積が大きいことは、それだけムダ撃ちをせずに済むということですので、長く光エステを愛用するにも重要なポイントです。面積は小さいものよりも大きいものの方がお得でもあります。

照射間隔が長い
光エステは一度照射して次に照射するまで、スピードモードでも約2.5秒は間隔を空けないと照射できません。

正直なところ、照射の間隔が長すぎて少しイライラしました。

スピード照射モードで遅いといえるのですが、50回で通常モードに戻ってしまい、30分経過しないと再度スピード照射モードが使用できないという設計ですので、ささっとムダ毛ケアを済ませたい方にはデメリットです。

最新型のES-WP81では、1.4秒間隔まで短縮されましたが、こちらはレベル1での照射の場合です。レベル5での照射ではやはり3秒に1度の照射速度になるので、時短で済まそうという方に不向きといえるでしょう。

デリケートゾーンや男性のヒゲには使えない
光エステはビキニラインへの照射は可能ですが、IラインOゾーンといったデリケートな部位への照射はできません。

粘膜が近いことであることや色素沈着を起こしやすい部位であることから、ほとんどの家庭用脱毛器は使用不可とされていますが、光エステも例外ではなく、こちらは機種によって違いもありません。

「自己責任でやりたい」という人もいるかもしれませんが、炎症や火傷といったトラブルの危険もあります。

また男性のヒゲにも効果が薄く、効果が体感できない可能性が高いためおすすめはできません。

バッテリーが持たない
光エステには4種類の機種がありますが、コードレスのものとコードをつないだままのものに分かれます。

筆者が使用したES-WP95は、充電式のコードレスタイプです。コードが邪魔にならずにいいと感じていましたが、全身のムダ毛ケアを行っているうちにバッテリーが切れてしまい、再充電後にお手入れ再開ということに。

充電には3時間ほど必要なので、全身のムダ毛処理には結構な長時間が必要なことが多くありました。

また、内臓電池の寿命は約3年なので、電池の寿命が来ても使用できなくなるデメリットがあります。

最新型のES-WP81はコードにつないで使うタイプですので、こういった点は改良されています。

パナソニック光エステ最上位モデルとケノンを徹底比較



パナソニック光エステの最新機種ES-WP81と、家庭用脱毛器の大人気機種であるケノンを比較してみました。

少々お高いイメージのあるケノンですが、どのように違うのでしょうか?

光エステ最上位モデルと家庭用脱毛器ケノンを徹底比較


評価項目
コスパ

80,784円
1照射0.26円

69,800円
1照射0.02円
照射面積

8.3㎠

7.25㎠~9.25㎠
照射回数

30万発

300万発
レベル最大でも100万発
照射パワー

ランプ2本
太い毛不向き

ランプ2本
太い毛効果有
持ち手重量

420g

120g


光エステがケノンに勝っている点は?


・販売元の知名度と実績
・本体価格の安さ

光エステは大手家電メーカーのパナソニックが作っているというところが何よりの魅力です。

多くの美容家電を発売してきた実績もありますし安心感も強いでしょう。

また一回当たりの照射価格は高くなりますが、本体価格は光エステが安価です。30万回以内の照射で脱毛を完了させられる脱毛の悩みがそれほど深くない方であれば、問題ないでしょう。

ケノンが光エステに勝っている点は?

家庭用脱毛器 安い おすすめ ケノン


・脱毛効果の高さ
・コストパフォーマンスの良さ
・カートリッジの寿命の長さ
・カートリッジの種類の豊富さ

ケノンが家庭用脱毛器の中で人気を集めている理由は、常に他の機種の上を行く脱毛効果の高さからでしょう。

家庭用脱毛器に求めるものは、脱毛サロンに近いパワーの強さです。ケノンは光エステの最新機種と比較してもハイパワーですし、全身脱毛にフル活用できます。

カートリッジの寿命も光エステの30万発と比較して、ケノンは100万発というコスパの良さです。

ケノンのカートリッジひとつでも十分全身脱毛が可能な方もいるでしょうし、家族とシェアをして長く使いたいという方にもぴったりの脱毛器です。

ケノンの公式サイトへ

脱毛効果がアップした新型ケノンが発売!
2019年4月27日、値段は変わらず照射力が従来の120%アップした新型ケノンが発売されました。おそらく、家庭用脱毛器の中ではダントツの脱毛効果です。詳しくは、ケノン公式サイトからご確認ください。
ケノン公式サイトはこちら



ケノンは光エステ最上位モデル(ES-WP81)よりもおすすめ


一般的にケノンは高いというイメージがあるかと思いますが、実は光エステの方が1回の照射にかかるコストは高いのです。

カートリッジも増え、100万発照射できるコスパのいいプレミアムカートリッジから、剛毛用のストロングカートリッジ、美顔器として使えるカートリッジまで、使う方に合わせた家庭用脱毛器になりました。

コスパの良さと脱毛効果の高さから、毛深くて本気で悩んでいる人に対しては、光エステよりもケノンの方がオススメです。

ケノンの公式サイトへ

ケノンを購入するなら公式サイトがオススメ

ケノンを購入する場合は、公式サイトが最もお得です。

ケノンの購入場所比較表

販売サイト
総合評価
付属品
サービス
価格
(税込)

販売条件が
良くて安心

カートリッジ
など充実
69,800円
楽天市場

楽天P付く
非公式店有

カートリッジ
特典有
69,800円〜
ヤフー
ショッピング

Tポイント付
非公式店有

カートリッジ
特典有
転売店注意
69,800円〜
amazon

特典少なく
損をする

カートリッジ
セットなし
69,800円〜
メルカリ

保証なし
修理不可

出品者次第
中古品
3万円~6万円
ヤフオク

保証なし
修理不可

出品者次第
中古品
3万円~6万円


公式サイトで購入すると特典が多い

ケノンを公式サイトで購入すると、付属のカートリッジが他店よりも多くなります。

特典は時期によって変更になりますが、標準装備のプレミアムカートリッジに加えて、別のカートリッジが3個程度付属することが多いようです。それだけでも1万5000円程度の得になるため、特典の有無は大きな要素になります。

Amazonで購入すると、特典が少なく明らかに損なので、避けたほうが良いでしょう。

中古のケノンは買うな!そう断言できる理由とは?

ヤフオクやメルカリで中古のケノンを買うのはやめましょう。理由は以下の通りです。

中古のケノンを買ってはいけない理由
1. メーカーの保証がない
2. カートリッジの期限が切れている
3. 衛生面で不安がある

保証がない
ケノンは精密機器です。前の持ち主が長く使用していたり、乱暴に扱ったりすれば買ってすぐに故障することもあるでしょう。

しかし、ケノンは顧客データを管理しているため、購入者以外の修理依頼は受け付けてもらえません。

仮に保証期間中でも登録者とは別の方が所有しているため、修理はできないのです。

安く買ったつもりがムダになってしまったということにならないためにも、中古品のケノンは購入しないようにしてください。

カートリッジの期限が切れている
ケノンのカートリッジは消耗品ですので、ヤフオクやメルカリに出品された時にどれくらい残量があるか分かりません。

「後でカートリッジだけ買い替えればいい」という人もいると思いますが、ケノンの顧客データに載っていない方にカートリッジを販売することはありません。

ヤフオクやメルカリでカートリッジを購入するにしても、バージョン違いなら買っても使えませんし、またそのカートリッジもどれくらい使えるものなのかはわかりません。中古品の落とし穴には気を付けてくださいね。

衛生面での不安
ケノンは直接肌に触れますし、VIOといったデリケートゾーンの処理に使用している方も多く存在します。

脱毛サロンでも脱毛機器の衛生管理は徹底されているところがほとんどですが、感染症にかかっている方の施術は断っている店舗が多いようです。そうやって脱毛を断られていた人が、仕方なくケノンを使っていた可能性も考えられます。

そうではなくても、男性か女性かもわからない他人がVIOや脇に使い倒したものを自分の肌に当てて使用するのは、リスクが高いのではないでしょうか。

衛生面も考慮して、中古品の購入はしないことが一番です。

ケノンの公式サイトへ

脱毛効果を求めるのなら光エステよりケノンがおすすめ



光エステ使用後に今ひとつ満足できず、筆者はケノンを使用しました。

そこで、今まで使用していた光エステとのパワーの違いに驚きました。何よりも一回の脱毛処理の速さが段違いですね。

繰り返し処理を続けなければならないことは変わりありませんが、ムダ毛の質が変わってくるのを実感するのも早かったですし、なかなか変化のなかったスネ毛も細く変わってゆくのがすぐに体感できました。

まだまだつるつるには程遠いですが、やはり今のところケノンの右に出る家庭用脱毛器はないのかもしれません。

ケノンの公式サイトへ

《参考》パナソニック光エステのおすすめランキング


最後にパナソニック光エステのおすすめランキングを紹介します。

ES-WH85 パナソニック 光エステ
※画像は公式サイトより引用

ES-WH85は充電式のコードレス型の家庭用脱毛器です。

ボディの脱毛に特化しており、脱毛可能な部位は腕・脇・脚・ビキニラインに限定されています。

他の機種のようにピンポイントの照射と連続照射の切り替えができないので、打ち漏らしには注意が必要です。

照射回数は約15万発ありますが、2万円以下で購入でき、最も低価格なので入門機種にはぴったりだと思います。

◆商品情報
品番:ES-WH85<ボディ用>
価格:46,224円(税込)
脱毛可能部位:腕・脇・脚・ビキニライン
照射面積:5.4cm²
照射パワー(ランプの数):1灯(単発照射のみ)
アタッチメント:ボディ用

ES-WH76 パナソニック 光エステ
※画像は公式サイトより引用

ES-WH75は軽量型のボディが特徴の家庭用脱毛器です。

照射面積は変わりませんが、ハンドピースがコンパクトなので小回りが利きます。

全身脱毛可能な機種で、照射回数は15万回可能です。

「全身脱毛を手軽な値段でやりたい」と考える方にはちょうどいい機種だと思います。

◆商品情報
品番:ES-WH86<ボディ用>
価格:40,824円(税込)
脱毛可能部位:腕・脇・脚・ビキニライン・顔
照射面積:5.4cm²
照射パワー(ランプの数):1灯(単発・連続照射の切り替えは自動)
アタッチメント:ボディ用、フェイス用

ES-WH96 パナソニック 光エステ
※画像は公式サイトより引用

ES-WH95はWライトではなく1灯式ですが、肌への当て方を変えるだけでピンポイント照射も連続照射も可能な機種です。

ボディだけでなく顔への使用もできるため、自宅で本格的な全身脱毛を行うことができます。

照射回数が15万回と少なめですので、1人1台が好ましいでしょう。充電式で使用中にコードが邪魔にならないことはメリットです。

◆商品情報
品番:ES-WH95<ボディ&フェイス用>
価格:55,944円(税込)
脱毛可能部位:腕・脇・脚・ビキニライン・顔
照射面積: 5.4cm²
照射パワー(ランプの数):1灯(単発・連続照射の切り替えは自動)
アタッチメント:ボディ用、フェイス用、ビキニライン用

ES-WP81 パナソニック 光エステ
※画像は公式サイトより引用

ES-WP81は全身のムダ毛に使用できるアタッチメント不要の家庭用脱毛器です。

初心者に優しい簡単設計ですので、操作に戸惑う心配はありません。

肌への刺激を極力抑えつつ、脱毛効果は最大限引き出した仕様のため、痛みに弱い方でも負担なく使用できます。

また、照射回数が従来の機種と比較して圧倒的に増えていることも特徴です。

◆商品情報
価格:80,784円(税込)
脱毛可能部位:腕・脇・脚・手・ビキニライン・顔
照射面積:8.3cm²
照射パワー(ランプの数):2灯(Wランプ採用で照射パワーもアップ)
アタッチメント:ボディ用、フェイス用、ビキニライン用