VIOに効果的な家庭用脱毛器おすすめランキング!照射のやり方も解説

[公開日]2018/07/19[更新日]2019/06/21

家庭用脱毛器 やり方 ハイジニーナ

「VIOに効果のある家庭用脱毛器ってどれなの?」
「VIOの脱毛に家庭用脱毛器を使って痛くないの?」
「家庭用脱毛器でVIO脱毛するのってエステとかと比べてどうなの?」


家庭用脱毛器は機種によって効果に大きな差がありそうで心配という方も多いのではないでしょうか。

そこで、VIO脱毛に効果のある家庭用脱毛器を調査しました。

この記事を読めば、どの家庭用脱毛器がVIO脱毛に効果的なのかがわかります。

先にVIO脱毛におすすめできる家庭用脱毛器ランキングを見る



VIO脱毛に効果がある家庭用脱毛器の選び方


家庭用脱毛器 やり方 ハイジニーナ
VIO脱毛に効果を発揮する家庭用脱毛器は、以下の3つのポイントが重要です。

VIO脱毛に効果的な家庭用脱毛器を選ぶポイント

VIOに使用不可の家庭用脱毛器に注意
痛みの少ない光フラッシュ式を選ぶ
コスパがよく長く使用できる家庭用脱毛器を選ぶ

VIOに使用不可の家庭用脱毛器に注意
VIOは毛が太いため脱毛しにくく、照射時の痛みが感じやすい部位です。

そのため家庭用脱毛器でVIOに使用できる機種は、肌への刺激が少ない上に効果も高いという高性能な機種に限られます。

家庭用脱毛器を購入する前に、VIOに対応しているかどうかチェックするようにしましょう。

痛みの少ない光フラッシュ式を選ぶ
家庭用脱毛器には以下の3種類がありますが、その中でも「光フラッシュ式」を選ぶのがオススメです。

レーザー式脱毛・・・レーザーの熱で毛のメラニンに反応し、毛根に強いダメージを与えて脱毛する。狭い範囲しか照射できず、照射時の痛みが強い。
光フラッシュ式脱毛・・・光の熱で毛のメラニンに反応し、毛根にダメージを与えて脱毛する。広い範囲の照射が可能で、照射時の痛みが弱い。
サーミコン式脱毛・・・熱線を使って毛を焼き切る。「脱毛」というより「除毛」で、毛は変わらず生えてくる。

レーザー式脱毛でも効果はあるのですが、VIOの毛は太く濃いため、レーザーがメラニンに強く反応し、照射時にかなりの痛みを感じます。肌への刺激が強すぎるのが、レーザー式脱毛のデメリットです。

一方、光フラッシュ式脱毛であれば、痛みは弱いのでVIOへの照射におすすめできます。何度も照射することで、VIOにもしっかり脱毛効果を感じることができるでしょう。

ちなみにサーミコン式脱毛は毛を焼き切るだけなので、何回使用してもムダ毛は変わらず生えてきます。

コスパがよく長く使用できる家庭用脱毛器を選ぶ
脱毛は一度毛の量を減らすのにも時間がかかりますし、一度脱毛した後も脱毛した状態の維持をしていく必要があります。

そのため、以下のような点に注目し、長く使える家庭用脱毛器を選びましょう
・本体価格はいくらか
・カートリッジの照射可能回数は多いか
・カートリッジは交換可能か

カートリッジの交換ができない家庭用脱毛器は、使い捨てになってしまい、新たに本体を買わなければ使い続けることができないので注意しましょう。

VIO脱毛に効果的な家庭用脱毛器おすすめランキング


さて、ここからはVIO脱毛に効果のある家庭用脱毛器をランキング形式で紹介します。

各家庭用脱毛器の「VIOへの効果」に加え、「照射時の痛み」「価格」を調査して比較しました。結果は以下の通りです。


「VIOへの脱毛効果」を重視し、価格や照射時の痛みなどを踏まえて総合評価を行いました。そのランキング結果は以下の通りです。

機種
VIOへの効果
照射時の痛み
価格(税込)

VIOに効果
実感できる

ほぼなし

69,800円

レーザー式で
効果はある

痛みが強い

54,800円~
3位
ヤーマン レイボーテグランデ
レイボーテ
グランデ

続けると
効果出てくる

やや痛い

129,384円~
4位
パナソニック 光エステ
光エステ

効果まで
時間かかる

ほぼなし

52,522円~
5位
シルクエキスパート labie 家庭用脱毛器
シルク
エキスパート

なかなか脱毛
効果出ない

やや痛い

45,280円~
6位
2PS ツーピーエス 家庭用脱毛器
2PS

脱毛効果弱く
時間かかる

やや痛い

49,800円~
7位
ノーノーヘア ヤンマー 家庭用脱毛器
ノーノーヘア
スマートプロ

毛を焼き切るのみ
サーミコン式

やや痛い

30,651円~


VIOにもっともおすすめできる家庭用脱毛器はケノンです。

それでは、各家庭用脱毛器について詳しく紹介します。

画像出典:公式サイト

総合評価・・・手軽だが毛をカットするだけで脱毛効果はない

ノーノーヘアーの魅力は約3万円で買える「安さ」と、コードレスで携帯できるほどコンパクトな「手軽さ」です。

しかし「サーミコン式」の脱毛器で毛を熱で焼き切る形で、毛根へのダメージはなく、何度使用してもこれまで通りに毛は生えてきてしまいます。

そのため、日頃のムダ毛処理をラクにするアイテムくらいに捉えたほうがいいでしょう。

また、VIOへの使用は控えるように取扱説明書に記載されているため、使用する場合は自己責任となってしまいます。VIOにおすすめできる家庭用脱毛器とは言えません。

使っている人の口コミは?
評価:★★★3
効果としてはカミソリを使った後の毛のチクチク感が減りますのでまぁいいかなぁといった感触ですね。
毛が細くなる感じはまだないですが、目立たない程度にカットできるので根気よく使用を続けてみます。
引用:アットコスメ

ノーノーヘアの詳細情報
価格: 30,651円(税込)
対応部位:腕・ワキ・足など
(顔やデリケートゾーン禁止)
脱毛方式:サーミコン式
交換時期:熱線が傷んだら交換
メーカー保証期間:無料保証1年
メーカー名:ヤーマン
販売:家電量販店、Amazon、楽天など

ノーノーヘアの公式サイトへ

6位: 2PS / ティ・ユー・エフ

総合評価・・・毛が太いVIOには効果を実感しにくい

2PSは光フラッシュ脱毛式の家庭用脱毛器です。

ただ、毛が太いVIOよりは毛が薄い腕や指毛などの毛に脱毛効果が実感しやすいという特徴があります。

また、照射面が肌に触れる面積が広いため、特にIOラインには照射がしづらいこともデメリットです。

効果の低さと照射のしにくさから、他の家庭用脱毛器と比較すると、あまりVIOにおすすめできる家庭用脱毛器ではありません。

使っている人の口コミは?

評価:★★★★★★6
デリケートゾーンに使用しましたがレベルは8中、4くらいで。
一週間で100本以上?抜けてきました。私の場合は色が白いほうで、保冷剤は使わなくて傷みもなく大丈夫でした。
その2週間後にも剃毛してから使用しましたが、そのときも数日後に50本くらい抜けました。

引用:アットコスメ

2PSの詳細情報
価格:49,800円(税込)
対応部位:全身
脱毛方式:光フラッシュ脱毛
照射回数:約13.2万発
※カートリッジ交換可能
照射面積:6.51cm²
メーカー保証期間:1年
メーカー名:ティ・ユー・エフ
販売:公式サイト、Amazon、楽天など

2PSの公式サイトへ


総合評価・・・効果あるが、自動照射機能で弱い照射しかできない可能性大

シルクエキスパートは光フラッシュ式の脱毛器で、ある程度効果は期待できますが、それはVIOが黒ずんでいない人限定です。

なぜなら、シルクエキスパートは黒ずんだ箇所には「自動照射機能」によって照射レベルが弱くなったり、ひどい場合は「照射不可」となってしまうからです。

自動照射機能は黒ずんでいる箇所に照射すると、光が強く反応して刺激が強すぎるため、安全機能として備わっています。

VIOは他の肌よりも黒ずんでいる場合が多いので、「弱」以下の照射になりやすいでしょう。「弱」で照射を続けた場合、半年照射を続けても、脱毛効果はあまり期待できません。

そもそも「照射不可」となってしまっては、買った意味をなくしてしまいます。VIOが黒ずんでいる人にはおすすめできないため、この順位となりました。

また、カートリッジが本体と一体化されているため、カートリッジの交換ができずに使い捨てとなってしまう点もマイナスポイントですね。

使っている人の口コミは?


シルクエキスパートの詳細情報
価格:45,280円〜
対応部位:全身
脱毛方式:光フラッシュ式脱毛
照射回数:約30万発
※カートリッジ交換不可
照射面積:3㎠
メーカー保証期間:1年
メーカー名:ブラウン
販売:家電量販店、Amazon、楽天など

シルクエキスパートの公式サイトへ

家庭用脱毛器 やり方 ハイジニーナ画像出典:amazon

総合評価・・・痛みは弱いが効果の実感に時間かかる

パナソニックの光エステも、ケノンと同じ光フラッシュ式脱毛であり、ほとんど痛みを感じることはありません。

5段階の出力レベルから照射レベルを選べるので、痛みを感じた時には照射レベルを弱めることができます。

ビキニライン用の幅が狭いアタッチメントも付いており、VIOの照射には便利です。

ただし、ケノンよりも効果の実感が遅い傾向にあるため、脱毛完了まで1年程度は見ておいたほうが良いでしょう。

使っている人の口コミは?


光エステの詳細情報
価格: 52,522円~(税込)
対応部位:全身(男性のヒゲ除く)
脱毛方式:光フラッシュ脱毛
照射回数:約30万発
※カートリッジ交換可能
照射範囲:8.3cm²
メーカー保証期間:1年間
メーカー名:パナソニック
販売:家電量販店、Amazon、楽天など

光エステの公式サイトへ

家庭用脱毛器 やり方 ハイジニーナ画像出典:ヤーマン公式サイト

総合評価・・・効果はあり、痛みもないが価格がネック

レイボーテグランデは光フラッシュ式脱毛の家庭用脱毛器でVIOにも効果があります。

照射レベルが1~10の10段階から選べるので、痛みを感じる場合はレベルを下げることが可能です。また、照射モードにも「ソフト」があるので、VIOに刺激を感じる場合は「ソフト」に設定するとよいでしょう。

カートリッジは「ラージ」「スモール」「フェイス」の3種類があるので、VIOには細かな場所に照射できる「スモール」を使用するのがおすすめです。

光フラッシュ式脱毛で効果が期待でき、痛みのケアもできますが、ネックは価格でしょう。今回紹介した家庭用脱毛器の中で10万円を超える機種はレイボーテグランデのみです。

使っている人の口コミは?

評価:★★★★★★6
脚やVラインなどは毛が濃いので、すぐにではないですが、脱毛器自体の効果は確実にありました。おまけに美肌効果もあるんだから、サロンに通うくらいなら、購入をお勧めします。

ただ、元から薄毛の所は、色素が薄い為か、照射の効果は余りなく、ツルツルにはなりません。
色素の濃いところほど効果が大きいのだと思います。

引用:アットコスメ

レイボーテグランデの詳細情報
価格:129,384円~(税込)
対応部位:全身(眉、額は除く)
脱毛方式:光フラッシュ式
照射回数:最大約20万発
※カートリッジ交換可能
照射範囲:12cm²
メーカー保証期間:無料保証1年
メーカー名:ヤーマン
販売:家電量販店、Amazon、楽天など

レイボーテグランデの公式サイトへ


総合評価・・・レーザー式で効果はあるが、とにかく痛い

トリアは、今回紹介している家庭用脱毛器の中で唯一レーザー式の脱毛器です。

VIOにも効果を期待できますが、照射に激しい痛みを伴います。特に毛が太いVIOは痛みを感じやすいため、かなり照射レベルを落として照射することになるでしょう。

さらに照射面積が非常に狭い(直径0.8cmの円状)ため、何度も照射しなければならず、何度も痛みに耐えなければなりません。

脱毛効果としては、毛が生えるスピードが遅くなったり、毛が細くなるといったことから脱毛効果が実感できるようになるでしょう。

しかし、痛みに弱い人は照射がストレスになってしまい、効果が出る前に使うのをやめてしまう人も多い機種です。

使っている人の口コミは?



トリアの詳細情報
価格:54,800円(税込)
対応部位:全身
脱毛方式:レーザー式脱毛
照射回数:約30万発
※カートリッジ交換は不要だが、バッテリー交換が必要
照射範囲: 0.5cm²(直径0.8cm)
メーカー保証期間:2年
メーカー名:トリア・ビューティ・ジャパン
販売場所:家電量販店、Amazon、楽天など

トリアの公式サイトへ

家庭用脱毛器 やり方 ハイジニーナ
総合評価・・・照射の痛みなく効果が出るのでVIOにおすすめ

ケノンは光フラッシュ式脱毛の家庭用脱毛器の中でも痛みが弱く、VIOへの効果もあるので、もっともVIO脱毛におすすめできる脱毛器として評価できます。

まずはVIOの毛が伸びるスピードが遅くなり、だんだん毛が細くなるところから効果を実感できるでしょう。

VIOに照射できますが、Iラインの粘膜は避けて照射するようにしてください。半年程度コツコツ照射を続けると、効果を実感し始める人が多いようです。

照射の痛みを分散させて和らげる「連射機能」や、10段階のレベル調節機能がついているので、痛みを感じる場合は自分で調節することもできます。

また照射用のランプが入ったカートリッジは着脱できない機種が多いのですが、ケノンは付け替え可能なので、本体を長い間使用することが可能です。

使っている人の口コミは?



ケノンの詳細情報
価格:69,800円(税込)
対応部位:全身
脱毛方式:光フラッシュ式
照射回数:最大約200万回
照射面積:EXラージ 9.25㎠、スーパープレミアム(標準) 7.0㎠など
メーカー保証期間:無料保証1年、延長有料保証3年
メーカー名:エムロック
販売:公式サイト、メーカー直営公式ショップのみ

ケノンは公式サイトで購入すれば、付け替え用のカートリッジなどの特典がついてお得です。

ケノンは家電量販店などでは販売されておらず、インターネット通販のみの販売です。メーカーの公式店舗以外の「ケノン」は全て転売商品であり、故障後の修理やカートリッジ交換ができないので注意しましょう。

ケノンの公式サイトへ

脱毛効果がアップした新型ケノンが発売!
2019年4月27日、値段は変わらず照射力が従来の120%アップした新型ケノンが発売されました。おそらく、家庭用脱毛器の中ではダントツの脱毛効果です。詳しくは、ケノン公式サイトからご確認ください。
ケノン公式サイトはこちら



ケノンはVIO脱毛に効果ある?実際に脱毛した結果は?


家庭用脱毛器 やり方 ハイジニーナ
ケノンはVIOに実際どれくらいの脱毛効果があるのでしょうか?

スタッフがケノンのVIO脱毛を試したので、実験結果を詳しく紹介していきます。

《調査:役所菜々》
ホワイトボックス図書館の美容書籍担当。化粧品・コスメの企画編集を行う。


ケノンでVIO脱毛をする手順
1:前日にカミソリでムダ毛処理をしておく
2:照射レベルを選択し、サングラスをかける
3:痛みを和らげるために、脱毛箇所を付属の保冷剤で冷やす
4:ケノンを照射する
5:照射箇所をしっかり冷やす
6:脱毛処理が完了したら、照射箇所をしっかり保湿する


VIOは痛みを特に感じやすいので、最初は「レベル1」で試してみてください。

照射レベルを上げていくほど刺激は強くなりますが、効果も上がるので、痛くなければ少しずつレベルを上げましょう。

また、照射直前に十分に保冷剤で照射部位を冷やしてから照射するようにしてください。長く冷やすことで、より痛みを緩和できます。

Vライン・・・20回照射すると形がキレイに整った

家庭用脱毛器 やり方 ハイジニーナ

照射レベル:4回目まで6、5回目以降9
回数:20回(約10ヶ月)
頻度:2週に1回(生理期間は除く)


Vラインに照射をしても、最初の頃はまったく変化を感じることができず、「本当に効果はあるのか」と不安になりました。

そこで、照射5回目から照射レベルを6から9まで上げてみたのです。

すると、照射5回目くらいから徐々に毛の伸びるスピードが遅くなってきました。やはり、なるべくレベルは上げたほうが良いですね。

そして、照射を始めて5ヶ月程度経過した、照射10回目の頃には、それまでパンツからハミ出していた毛がなくなりました。

照射するうちに毛はだんだん細く柔らかくなっていき、照射15回目の頃にはボリュームがかなり減って、ほとんど計画通りの形になっています。

20回の照射で脱毛が完了し、望んだ形に整えることができました。

Iライン・・・粘膜に当たらないように注意!20回以上かかる

Iライン ケノンVIO粘膜

照射レベル:4回目まで5、5回目以降7
回数:20回以上はかかる(約10ヶ月以上)
頻度:2週に1回(生理期間は除く)


Iラインは見えにくいので、体育座りになって、鏡で毛が生えている箇所を見ながら照射しなければなりません。

難しくて、最初の一発目は怖くてかなり緊張しました。

Iラインに照射をする時は、タオルなどの白い布で粘膜を隠し、誤って粘膜を照射しないように照射をするといいですよ。

最初はあまり効果を感じることができなかったので、5回目から照射レベルを5から7に上げました。

10回目の頃には毛の太さが細くなってきたのを実感しました。

20回目の頃にはかなり毛が細くなり、伸びるスピードも遅くなっているものの、まだツルツルではありません。

ただパンツからはみ出るようなことはなくなりました。これからもIラインには照射を続けていきたいと思います。

Oライン・・・20回の照射でほぼ生えなくなった

Oライン ケノンVIO粘膜

照射レベル:4回目まで5、5回目以降7
回数:20回(約10ヶ月)
頻度:2週に1回(生理期間は除く)


Oラインも照射がしにくい部位です。

体育座りのままでは照射ができないので、しゃがんだ状態でお尻を浮かせ(ヤンキー座りのような状態)、床に置いた鏡を見ながら照射します。

最初は難しかったですが、照射していくうちに上手にできるようになり、スムーズに照射できるようになりました。

脱毛効果としては、5回照射したくらいから、Oラインに生えてくる毛が細く柔らかくなってきているのを感じました。

10回照射した段階でかなり毛の量が減っていたので、VIと比較してもOラインは脱毛効果が実感しやすい場所だと思います。

20回照射した頃にはほぼムダ毛はなくなり、自己処理の必要がなくなりました。

20回照射すればケノンのVIO脱毛効果は実感できる

最初は効果を実感しにくい
10回照射する頃には効果を感じ始める
VIラインは20回前後、Oラインは15回程度できれいに

VIOは痛みを強く感じやすく、照射がしにくい部位です。

1回目は照射に1時間かかりましたが、回数を重ねることで照射にも慣れ、最後の方は15分程度でVIOの照射を行えていました。

VIOは毛が太くて濃いため、すぐには効果が出てきません。そのため、最低でも半年程度は脱毛に時間がかかると考えておきましょう。

だいたい20回程度照射すると、VIOの毛量は大きく減り、自己処理もラクになります。維持する場合は照射頻度は1〜2週間に1回から、3~4週間に1回などとペースを落としても大丈夫です。

形を整えるにも便利ですし、ハイジニーナ(ツルツルの状態)にしたい人にもおすすめできます。

家庭でいつでも気軽に照射でき、しっかりと効果を実感できるのがケノンの良いところですね。

ケノンを購入できるエムロック公式サイトへ

脱毛効果がアップした新型ケノンが発売!
2019年4月27日、値段は変わらず照射力が従来の120%アップした新型ケノンが発売されました。おそらく、家庭用脱毛器の中ではダントツの脱毛効果です。詳しくは、ケノン公式サイトからご確認ください。
ケノン公式サイトはこちら



家庭用脱毛器でVIO脱毛を行う時の注意点は?


家庭用脱毛器でVIOを照射する際、具体的にどんなことに注意すればよいのかを解説します。

IOラインは粘膜に照射しないように注意

ケノンはVIOの粘膜に照射はできません。誤って照射すると、激しい痛みを感じて危険です。

照射する時は粘膜部分にタオルなどで照射しない部位を隠し、ズラしながら照射を進めていくと良いでしょう。

照射漏れを起こさないように注意
IOラインは見えにくいので、照射漏れを起こさないように注意が必要です。

照射漏れが起きると、脱毛効果にムラが出てしまいます。

以下の図のように、IOラインは鏡をうまく利用して、照射漏れを防いでください。

Iラインの照射体勢
Iライン ケノンVIO粘膜
Oラインの照射体制
Oライン体勢 ケノンVIO粘膜
照射をする前には確実に剃っておく
家庭用脱毛器の光は、毛のメラニンに反応するので、生えたまま残っていると強い痛みを感じてしまいます。

痛み ケノンVIO粘膜
特に濃くて太いVIOの毛は痛みを感じやすいので、剃り残しがないようにしましょう。

照射をする直前によく冷やす
VIO脱毛を行う前は、照射直前に保冷剤(ケノンには保冷剤が付属されている)等を使用して、しばらく冷やしましょう。

先に冷却させておくことで、大幅に痛みを軽減させることができます。

VIO脱毛におすすめケノンの公式サイトへ

家庭用脱毛器でVIO脱毛をするメリットとデメリット


ここで改めて、家庭用脱毛器でVIO脱毛を行うメリットとデメリットを確認しておきましょう。

家庭用脱毛器でVIO脱毛をするデメリット

・自分で照射をするので面倒くさい
・VIOは照射がしにくく、当て漏れする可能性がある
・誤って粘膜に当ててしまうと痛い
・VIO脱毛をする間は毛を短く処理しているのでチクチクする
黒ずみが激しい箇所は照射できない


脱毛サロンなどでプロにやってもらえば、照射の時にあれこれと心配する必要はありません。

VIO脱毛は他の部位と比べて、照射は少し難しいですし、タオルで粘膜を保護したりしながら慎重に照射する必要があります。

そのような少し繊細な作業を行わなければならない点はデメリットと言って良いでしょう。

家庭用脱毛器でVIO脱毛をするメリット

・VIOを人に見られないので恥ずかしくない
・頻繁に照射できるので早く脱毛効果を実感できる
・脱毛サロンより安く脱毛できる
・脱毛完了後の維持が簡単
・VIO以外の全身にも追加費用ナシで使える

やはりまずは「恥ずかしくない」「安い」ということでしょうが、それよりも注目したいのは「早く脱毛できて、維持も簡単」というメリットです。

家庭用脱毛器では、自分の都合に合わせてベストなタイミングで頻繁に照射ができるため、脱毛サロンやクリニックよりも早く脱毛効果が実感できます。

また、その後の維持も簡単です。

脱毛サロンでも「永久脱毛」はできません。脱毛完了後、しばらくすればまたVIOの毛は生えてきます。

そんな時、脱毛サロンの場合はまた追加料金を支払わなければなりませんが、家庭用脱毛器なら追加費用は一切いらず、少しずつ照射をすれば良いのです。

そもそも脱毛完了後に照射の頻度を落としながら、維持のために照射を続けていれば「また生えてくる」ということもありません。

家庭用脱毛器は、気軽に維持ができることによって、永久脱毛と同じような「もう生えてこない」という効果を実感し続けることができるのです。

それは、家庭用脱毛器でVIO脱毛することの最大のメリットだと言えるでしょう。

VIO脱毛におすすめできる家庭用脱毛器ランキングに戻る

脱毛サロン・医療脱毛 VS 家庭用脱毛器!VIO脱毛におすすめはどっち?


「VIOを家庭用脱毛でやって本当に大丈夫なの?」
「脱毛サロンや医療脱毛が良いんじゃないの?」


…VIOはデリケートな部位なので、このように思う方も多いのではないでしょうか。

そこで、脱毛サロンや医療脱毛のVIO脱毛と、家庭用脱毛器(ケノン)で行うVIO脱毛を比較してみました。

 
家庭用脱毛器
(ケノン)
脱毛サロン
医療脱毛
価格(税込み)

69,800円

19,440円/1回

14,580円/1回
脱毛効果
脱毛サロン
同程度
効果高い
一番効果高い
照射期間
2週間に一度
2〜3ヶ月に一度
2〜3ヶ月に一度
メリット
効果ある
安い
長く使える
自宅で脱毛
プロにお任せ
照射漏れ
医師の施術
回数少ない
デメリット
自分で照射
VIO照射大変
本体が高い
予約・勧誘
通う手間
交通費
恥ずかしい
追加費用有
かなり痛い
追加費用
通う手間
恥ずかしい


実際に医療脱毛や脱毛サロンと比較しても、家庭用脱毛器でVIO脱毛を行うほうがメリットが多いことがわかりました。

医療脱毛や脱毛サロンと家庭用脱毛器にはどんな違いがあるのか、具体的に解説します。

脱毛サロンや医療脱毛は追加料金がかかる
脱毛サロンや医療脱毛はVIO以外の場所を脱毛したくなったり、脱毛完了後にまた生えてきて処理したいと思ったら、追加の料金が発生します。

しかし、家庭用脱毛器であれば、もちろん追加料金はかかりません。

家庭用脱毛器「ケノン」の本体価格も脱毛サロンや医療脱毛の施術料金と比べるとかなり安くなっています。

ケノンは家庭用脱毛器の中では高額な部類ですが、コスパはとても良いのです。

脱毛サロンや医療脱毛は頻繁に施術できない
脱毛サロンや医療脱毛では、照射前に予約が必要となります。

自分の都合と予約状況を合わせる必要があるため、脱毛サロンや医療脱毛の場合、いつでも好きな時に施術を行うことは不可能です。

そのため、ムダな時間が多くなり、回数多く照射するためには時間がかかってしまいます。

しかし、家庭用脱毛器であれば自分の空いた時間にいつでも照射が可能なので、結果的に効果を早く感じられるでしょう。

VIO脱毛におすすめケノンの公式サイトへ

家庭用脱毛器でもっともVIOに効果があるのはケノン


家庭用脱毛器 やり方 ハイジニーナ
家庭用脱毛器の中で、VIOにおすすめできるのは「ケノン」でした。

VIOラインは痛みを感じやすく、効果が出にくいのが特徴です。しかし、ケノンは光フラッシュ式の肌に優しい照射であり、痛みはほとんど感じません。

ケノンをうまく活用すれば、脱毛サロンよりも頻繁に照射できるので、効果を実感するのも早くなります。また、脱毛完了後の状態を維持するのも簡単です。

ぜひこの記事を参考に高価のある家庭用脱毛器を選んで、スッキリしたVIOを手に入れてくださいね。

VIO脱毛におすすめケノンの公式サイトへ